ドラマ | ゆりあ先生の赤い糸の見逃し配信、再放送・再配信を観れる無料期間のあるサービスはこちら【Tver・アマゾンプライム・DVD(BD)レンタルで見れる?】

サムネイル画像

このページで『ゆりあ先生の赤い糸』の番組情報、無料・キャンペーン等でお得に楽しめる動画配信サービスを紹介しています。

「『ゆりあ先生の赤い糸』の見逃し配信サービスを探したい」「お得にすぐ観ることのできるサービスを知りたい」

という方はぜひ参考にして『ゆりあ先生の赤い糸』をお楽しみください。

ゆりあ先生の赤い糸の番組情報

ゆりあ先生の赤い糸情報まとめ

NETFLIXで今すぐ動画視聴

※2023/1/20時点の情報となります
最新の配信状況は配信サイトなどでご確認ください
この記事を読むと、ゆりあ先生の赤い糸を無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • ゆりあ先生の赤い糸の第1話を見逃してしまった...
  • ゆりあ先生の赤い糸の最終話まで一気に見たい!
  • ゆりあ先生の赤い糸の見逃し配信はないの?

目次

ゆりあ先生の赤い糸の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 ゆりあ先生の赤い糸の見逃し動画はNETFLIX で視聴しましょう。
広告なし・CMなし・ダウンロード再生可能で快適に視聴することができます。
4K対応でPCもちろん、スマホ、タブレットにテレビと様々なデバイスで見ることができます。

もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

NETFLIX

  • サービス種類
    月額動画配信サービス
  • 見れるジャンル
    アニメ・ドラマ・オリジナル作品が視聴可能
  • 料金
    990円(税込)〜
  • ダウンロード再生
    可能

ドラマ | ゆりあ先生の赤い糸の見逃し配信、再放送・再配信を観れる無料期間のあるサービスはこちら【Tver・アマゾンプライム・DVD(BD)レンタルで見れる?】

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

ドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』の動画は、NETFLIXで配信中です。

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

アドセンス画像

NETFLIXで今すぐ動画視聴

NETFLIXで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
日本のみならず海外でシェア率No.1 VOD
オリジナル作品の質の高さにコンテンツの豊富さはさすが世界のNetflixと言えます
とりあえず契約しておけば損はないVODと言えるでしょう
サービス種類
月額動画配信サービス
見れるジャンル
アニメ・ドラマ・オリジナル作品が視聴可能
料金
990円(税込)〜
ダウンロード再生
可能
アドセンス画像

NETFLIXで今すぐ動画視聴

  1. NETFLIXの公式サイト へアクセス
NETFLIXの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪

NETFLIXで見れるおすすめドラマ

アドセンス画像
アドセンス画像

口コミ

口コミがありません

口コミをもっと見る

口コミを書く

各話のあらすじと感想

2023年12月14日放送 第9話(最終回)

 昏睡状態から目覚めた夫・伊沢吾良(田中哲司)がみるみる快方に向かう中、今度は自分が乳がんを患っていることが発覚した伊沢ゆりあ(菅野美穂)。彼女は病気のことは隠し、プロポーズしてくれた“禁断の恋”の相手・伴優弥(木戸大聖)に別れを切り出すことに。納得がいかないものの、ゆりあの幸せを一番に願い、彼女のもとから去っていった優弥。一方、愛する優弥の幸せのために苦渋の決断を下したゆりあは、簡単には癒えない悲しみに必死に抗いながら、彼の連絡先を削除。一時は心の底から“運命”だと感じた恋に、きっぱりと区切りをつけようとする。  一方、伊沢家で山あり谷ありの同居生活を送ってきた吾良と姑・伊沢節子(三田佳子)、吾良の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)とその娘たちは、病気になったゆりあを全面サポートし、これまでの恩返しをしようと結束。辛口ながらも、ゆりあのことを大切に思う実姉・泉川蘭(吉瀬美智子)や、これまで“家族”をさんざん引っかき回してきた吾良の妹・伊沢志生里(宮澤エマ)もそれぞれのやり方で、ゆりあに手を差し伸べようとするのだが…。  その矢先のこと。みちるの次女・小山田みのん(田村海夏)を自分の子だと認めた吾良の告白にショックを受け、家を出ていった吾良の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)が突然、寝静まった伊沢家に忍び込む! 吾良の告白が“愛する稟久を自由にするための嘘”だったとはつゆ知らず、愛憎の狭間で感情をこじらせる稟久。なんと彼は吾良とゆりあに対し、“常軌を逸した行動”に出て…!  大切な人を強く想うがゆえに、もつれてしまう感情の糸――。そんな中、ゆりあが最後に下す決断、そして…その先に彼女と“家族”たちが見出す“人生の幸せの形”とは!?

口コミがありません

2023年12月7日放送 第8話

 昏睡状態から順調に回復を遂げるも、まだ言葉は発せない…はずだった伊沢ゆりあ(菅野美穂)の夫・伊沢吾良(田中哲司)。しかし、夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)とその娘たちとの同居続行をめぐって“一家”が揉める中、突然口を開き、次女・小山田みのん(田村海夏)は自分の子だと断言した! それは吾良が争いを収めるため、そして自分の介護に縛られてきた“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)を自由にするためについた渾身の嘘…。しかし、真相を知らない稟久はショックで家を飛び出し、吾良への愛を断ち切るかのように、バレエ講師・松川智(黒羽麻璃央)との交際を始める。そんな稟久に、ゆりあは吾良の真意を伝えようとするが、一度もつれた感情の糸はなかなかほどけず…。  一方、実は少し前から完全に意識を取り戻していた吾良は、ゆりあに好きな人がいることも認識。苦労をかけたゆりあに謝り、「俺はもう大丈夫だから、好きにしていい」と優しく告げる。その矢先のこと…ゆりあと伴優弥(木戸大聖)の“禁断の恋”にまさかの展開が訪れる。優弥からゆりあの存在について聞かされた妻・伴里菜(えびちゃん)が、ゆりあを見せろと言い出したのだ! そんな中、ゆりあは里菜と一対一で会って話そうと決意し…!?  優弥との幸せな未来を夢見て、大きな一歩を踏み出し始めたゆりあ。しかし、彼女の人生は実姉・泉川蘭(吉瀬美智子)から受けた“ある相談”がきっかけで、目の前が真っ暗になるような暗雲にみるみる包まれていき…!

口コミがありません

2023年11月30日放送 第7話

 “禁断の恋”の相手・伴優弥(木戸大聖)が、過去のバイク事故のせいで性機能障害を抱えていると知った主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。優弥は自分自身が不良品だと思っているから、かなり年上の私を相手にしたのではないだろうか――ふと湧き上がった複雑な感情を、ゆりあは拭えずにいた。  時を同じくして、未だ寝たきり状態にある夫・伊沢吾良(田中哲司)を介護するため営み続ける“夫の愛人や隠し子(!?)たちとの同居生活”に、またも予期せぬトラブルが発生する。ゆりあの後押しでバレエを習い始めたみちるの長女・小山田まに(白山乃愛)だったが、レッスン時間の変更に伴い、保護者の迎えが義務化されることに。仕事があるみちるに代わり、ゆりあは自分が迎えに行くと申し出るが、みちるは申し訳ない気持ちでいっぱいになり…。そんな中、レッスンのたびに思うように上達できず、肩を落として帰ってくるまにに、このままバレエを続けさせるか否かで、ゆりあと軽く衝突してしまうみちる。しかも、みちる親子をよく思わない吾良の妹・伊沢志生里(宮澤エマ)が、さらに追い詰めるようなことを耳打ち。居た堪れなくなったみちるは突然「家を出ようと思う」と、ゆりあに告げ…!  何とかして、みちるを引き留めようとするゆりあ。一方、自分の孫かもしれないまに&小山田みのん(田村海夏)をかわいがる姑・伊沢節子(三田佳子)は、志生里への怒りを爆発させ…!? 騒然となる伊沢家。そんな中、みちるがゆりあに向かって“吾良との関係と過去”を洗いざらい告白! さらに“一家”が揉め続ける中、吾良に異変が起こり…!?

口コミがありません

2023年11月23日放送 第6話

 未だ言葉も話せず寝たきりの状態ではあるものの、昏睡状態からは目覚めて徐々に回復の兆しを見せる夫・伊沢吾良(田中哲司)。同居する夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)や夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)、夫の“隠し子”かもしれないみちるの娘たちと共に介護に勤しむ一方、主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)はワンオペで息子を育てる若き便利屋・伴優弥(木戸大聖)との“禁断の恋”にのめり込んでいく。  その矢先、みちるの長女・小山田まに(白山乃愛)と一緒にバレエを習い始めたゆりあは、みちる親子と別居中のDV夫・小山田源(前原滉)が教室の前をうろつく姿を目撃する。娘に会いたくても、みちるに無視され続け、つい無断で怪しい行動に出てしまったという源。まにのためにも、ゆりあは小山田夫婦に話し合いの場を持たせようとするが…!?  一方、稟久も“あらぬ行動”に出る。どんな魂胆か、何かにつけてトラブルメーカーである吾良の妹・伊沢志生里(宮澤エマ)に、自分が吾良の恋人だということはおろか、ゆりあが浮気中であることまでもリーク! しかも、裏事情を知った志生里が暴走!? ゆりあに“とんでもない提案”を投げかけてきて…。  さらに、新たな試練も降りかかる。なんと、ゆりあは図らずも優弥の父・伴博(宮藤官九郎)と初対面を果たすことに! しかも優弥が席を外して2人きりになった直後、博が発した“ある言葉”に、恋の幸せで満たされていたゆりあの心は人知れず揺らぎだし…!?

口コミがありません

2023年11月16日放送 第5話

 未だに意識が戻らない夫・伊沢吾良(田中哲司)の自宅介護に加え、夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)や、夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)と“隠し子”かもしれない子どもたちとの“奇妙な同居生活”…。性分とはいえ自分のことは後回しで、人のためにばかり奔走するあまり気苦労が絶えず、つい心がささくれがちになっていた主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。だが、戸惑いながらも自分の気持ちに正直になり、ワンオペで息子を育てる若き便利屋・伴優弥(木戸大聖)と“人目を忍ぶ恋”を育みだしたことで、心が穏やかになっていく。  その一方で、ゆりあはみちるの長女・小山田まに(白山乃愛)のことが気にかかっていた。女の子っぽいことは似合わないと諦め、大好きなバレエも経済的に苦しい母親を気遣って、自分では習わないと言い張るまに。その姿に子どもの頃の自分自身を重ねたゆりあは、まににバレエを習わせてあげたい一心で、レッスン見学に誘う。ところが…見学したゆりあは胸が躍り、久々にバレエを習いたくなるものの、肝心のまには頑なに背を向け…。  そんな中、思わぬ事態が起こる。なんと、ゆりあがこっそり優弥と会っている現場を、稟久が遠くから目撃! 最近はゆりあと打ち解けていた稟久だったが、この日を境に理由は告げず、刺々しい態度を取り始める。さらに突然、吾良が不満を訴えるかのように連日、言葉にならない声を出し始め…!?

口コミがありません

2023年11月9日放送 第4話

 昏睡状態にある夫・伊沢吾良(田中哲司)の“先の見えない自宅介護”の合間を縫って、ワンオペで息子を育てる若き便利屋・伴優弥(木戸大聖)に刺繍を教える中、ずっと薄れていた“女心”が再び芽生え始めてきた主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。だが、優弥に突然キスされた途端、彼女はとっさに彼の気持ちを遊びと決めつけ、「さみしいだけの慰め合いみたいのなら、いらない」と拒否! 優弥は彼女の言葉に傷つき、その場を去ってしまう。まるで女の子のように涙が止まらないゆりあ。自分の言動を悔いたゆりあは帰宅後、優弥に謝罪のメッセージを送るが、待てど暮らせど返信はなく…。  時を同じくして、介護のため家に出入りしている吾良の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)が、ゆりあに相談事を持ちかけてくる。地方で旅館を営む母・箭内寿美代(麻生祐未)に、東京で介護の勉強を始めたと嘘をついたところ、現場で働く息子を見るため伊沢家を訪れると言い出したというのだ! ためらいながらも何とか口裏を合わせ、上京した寿美代を迎え入れるゆりあ。ところが、稟久とゆりあの関係性を疑った寿美代から、2人だけで話したいと切り出されてしまい…!  そんな中、ゆりあは稟久の“これまで見えていなかった顔”も知っていくことに。さらに、同居し始めた吾良の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)が突然、ゆりあに「ギュッとして」と抱きついてきて…!?

口コミがありません

2023年11月2日放送 第3話

 「お二人のここからの3年間を、私に預けていただきたい」――  未だ昏睡状態にあり、回復の目途が立たない夫・伊沢吾良(田中哲司)の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)と“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)に向かって、3年を一区切りに同居しながら自宅介護を手伝ってほしいと切り出した主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。みちるへの敵対心をあらわにする稟久は断固拒否し、伊沢家への出入りを断念するが…。その直後、稟久から別れのキスを受けた吾良が突然目を開け、涙を流した! 心が揺らいだ稟久は、同居については一旦保留にするも、引き続き介護のため伊沢家へ通うことに。一方、経済的に困窮していたみちるは吾良の“隠し子(!?)”・小山田まに(白山乃愛)と小山田みのん(田村海夏)と共に、伊沢家で本格的な同居を開始する。  ところが…ゆりあがわずかな希望を託して始めた“新しい生活”は、想像以上にさまざまな感情がもつれ合っていく! というのも、みちる親子との同居には義母・伊沢節子(三田佳子)も義妹・伊沢志生里(宮澤エマ)も懐疑的。稟久とみちるの仲も相変わらず険悪で、一向に歩み寄る気配がなく…。  そんな七転八倒な日々の中、ゆりあ自身の生活にも新たな変化が訪れる。自宅介護用の改装で世話になった若き便利屋で、ゆりあと同じ名前の幼き息子・伴優里亜(佐藤大空)をワンオペで育てる子煩悩な父でもある伴優弥(木戸大聖)に、刺繍を教えることになったのだ! 優里亜とも対面し、心がほぐれるゆりあ。ところが…優弥がふと発した“ある言葉”に、ゆりあの心は人知れずモヤモヤし…!?

口コミがありません

2023年10月26日放送 第2話

 突然倒れて昏睡状態に陥った夫・伊沢吾良(田中哲司)を、自宅で介護し始めた主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。その矢先、介護に協力するため家に出入りすることになった夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)に続いて、“寝耳に水の存在”が目の前に現れた! なんと吾良のことを「パパ」と呼ぶ幼き姉妹、小山田まに(白山乃愛)と小山田みのん(田村海夏)が家を訪ねてきたのだ。  母親である小山田みちる(松岡茉優)が入院したため、吾良に病院に来てほしいとお願いしにやって来たという姉妹。愛する夫には“彼氏”のみならず、“彼女”と“隠し子”もいたのか…!? いつもはドッシリ構えているゆりあも、この衝撃の事態には激しく動揺。「離婚」の二文字までもが頭をよぎるが、そんな彼女に稟久は思いがけない言葉を投げかけ…!?  とにもかくにも、このままでは収拾がつかない――ゆりあは意を決し、みちるのもとへ。姉妹が伊沢家に突撃したことを聞いたみちるは申し訳なさそうに謝罪し、2人を預かってもらうため、長らく別居中の夫・小山田源(前原滉)に連絡しようとする。ところが…何を隠そう、源は“とんでもない問題”を抱えた男だった! 母を守りたい一心で、妹と2人だけで留守番すると言い、連絡を阻止しようとするまに。その健気な姿を目の当たりにしたゆりあは、なんと姉妹を預かると申し出て…!  突然始まった“隠し子”との同居に、ざわつく伊沢家。そんな中、源がいきなり伊沢家に押しかけてきて…!?

口コミがありません

2023年10月19日放送 第1話

 売れない小説家・伊沢吾良(田中哲司)と結婚した後、自宅で刺繍教室を開きながら、長年にわたって“穏やかな幸せ”を味わってきた平凡な主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。そんな彼女の人生が激変する“不意の知らせ”が舞い込んだ。なんと吾良がホテルで倒れ、緊急搬送されたというのだ! しかも…ゆりあが慌てて病院に駆けつけると、そこにはさめざめと泣く見ず知らずの美青年・箭内稟久(鈴鹿央士)の姿が! 稟久が救急車を呼んでくれたと知り、丁寧にお礼を述べるゆりあ。ところが…。  主治医・前田有香(志田未来)による手術が成功し、吾良は一命を取り留めるも未だ意識不明で、いつ目覚めるか予測できない状態。そこへ畳み掛けるように、稟久から衝撃の告白が飛び出す。  「僕が『抱いてほしい』って言って…こんなことになりました」――  なんと稟久はほかでもない、吾良の“彼氏”だったのだ! 疑ったことすらない“事実”を突きつけられ、思わず絶句するゆりあ。だが何を思ったか、引き続き吾良との面会を許可し…!?  そんな中、ゆりあは緊急家族会議を開催。結婚後ずっと同居している吾良の母・伊沢節子(三田佳子)をはじめ、自分本位な生活を満喫している吾良の妹・伊沢志生里(宮澤エマ)、何かにつけて辛口な実姉・泉川蘭(吉瀬美智子)と共に、吾良をどういった形で介護していくべきか話し合おうとする。ところが、意見は見事に決裂! ゆりあは考えあぐねた挙げ句、“自宅介護”を選択するが…。  向き合わなければならない問題は、まだまだ山積みだった!? これまで“穏やかすぎた”ゆりあの人生は、みるみるうちに激動の一途をたどっていき…。

口コミがありません

キャスト

伊沢 ゆりあ(菅野美穂かんのみほ

プロフィール

1996年テレビ朝日ドラマ「イグアナの娘」、2000年フジテレビドラマ「愛をください」、2004年フジテレビドラマ「愛し君へ」、2010年日本テレビドラマ「曲げられない女」、2012年フジテレビドラマ「結婚しない」、2016年NHK総合ドラマ「べっぴんさん」、2016年TBSドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」、2017年TBSドラマ「監獄のお姫さま」などに出演。映画では、1995年「大失恋。」で映画初出演し、2002年「Dolls(ドールズ)」、2007年「さくらん」、2013年「奇跡のリンゴ」などに出演。2014年アニメ映画「ベイマックス」では声優を務めた。

生年月日:
1977年8月22日
出身地:
埼玉県
血液型:
AB型

出演作品

箭内 稟久(鈴鹿央士スズカオウジ

プロフィール

集英社「MEN'S NON-NO」モデル。映画「蜜蜂と遠雷」にて映画デビュー。映画「決算!忠臣蔵」にも出演。NHK連続テレビ小説「なつぞら」出演。趣味は音楽鑑賞。好きなスポーツはバドミントン、サッカー。

生年月日:
2000年1月11日
出身地:
岡山県
血液型:
O型

出演作品

伴 優弥(木戸大聖きどたいせい

プロフィール

俳優。2017年フジテレビ系「僕たちがやりました」「明日の約束」に出演。2018年NHK「おとうさんといっしょ」でレギュラー出演を果たす。ドラマ出演では、2018年テレビ東京「モブサイコ100」、2020年フジテレビ「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」、2022年東海テレビ「家族の写真」、Netflixオリジナルシリーズ「First Love 初恋」ほか。映画出演作は「銀魂2 掟は破るためにこそある」「紅葉橋」「のぼる小寺さん」など。趣味は古着屋巡り。特技はバスケットボール、野球。

生年月日:
1996年12月10日
出身地:
福岡県
血液型:
A型

出演作品

伊沢 吾良(田中哲司たなかてつし

プロフィール

2010年TBS「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」、2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、2017年フジテレビ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」、テレビ朝日「緊急取調室」などに出演。映画出演作は、2012年「アウトレイジ ビヨンド」、2013年「劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL」、2015年「ビリギャル」、2017年「夜空はいつでも最高密度の青空だ」など。舞台では、1995年蜷川幸雄演出「ハムレット」の出演をきっかけに、2001年「欲望という名の電車」、2005年「城」、2011年「浮標」、2015年「RED レッド」など多くの舞台を踏んでいる。

生年月日:
1966年2月18日
出身地:
三重県
血液型:
A型

出演作品

伊沢 志生里(宮澤エマみやざわえま

プロフィール

舞台・テレビと幅広く活躍。ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(CX)、ミュージカル「ジキルとハイド」、「日本の歴史」、「ペテン師と詐欺師」など多数出演。「モーニングサテライト『リーダーの栞』」(TX)、「AbemaPrime」(abemaTV)等でも活躍。ラジオ「Show me love!」ではパーソナリティーを務めている。初の映画出演となる三谷幸喜監督作品「記憶にございません!」が2019年9月13日公開。2020年秋からはNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演。

生年月日:
1988年11月23日
出身地:
血液型:
O型

出演作品

小山田 みちる(松岡茉優まつおかまゆ

プロフィール

2008年テレビ東京「おはスタ」のおはガールとしてレギュラー出演。2009年映画「愛のむきだし」、2013年映画「桐島、部活やめるってよ。」、2013年NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」など、映画やドラマで活躍。2016年「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」では声優を、NHK大河ドラマ「真田丸」では春役を務める。趣味は散歩。

生年月日:
1995年2月16日
出身地:
東京都
血液型:

出演作品

小山田 まに(白山乃愛しろやまのあ

プロフィール

2022年 第9回「東宝シンデレラ」オーディション グランプリ受賞

生年月日:
2012年7月11日
出身地:
埼玉県
血液型:

出演作品

前田 有香(志田未来しだみらい

プロフィール

2005年日本テレビ系ドラマ「女王の教室」、2006年フジテレビ系ドラマ「サプリ」などに出演。2006年日本テレビ系ドラマ「14才の母」では主演を務めた。2007年日本テレビ系ドラマ「探偵学園Q」、2008年日本テレビ系ドラマ「正義の味方」、2009年TBS系ドラマ「小公女セイラ」、2015年TBS系ドラマ「まっしろ」などに出演。映画では、2010年「食堂かたつむり」、2015年「ST 赤と白の捜査ファイル」、2016年「グッドモーニングショー」などに出演。2010年アニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」、2013年アニメ映画「風立ちぬ」などでは声優として出演。舞台では、2015年「オレアナ」、2016年「母と惑星について、および自転する女たちの記録」に出演。

生年月日:
1993年5月10日
出身地:
神奈川県
血液型:
AB型

出演作品

泉川 蘭(吉瀬美智子きちせみちこ

プロフィール

モデルとして活動後、2007年日本テレビドラマ「セレンディップの奇跡」やフジテレビドラマ「LIAR GAME」、日本テレビドラマ「働きマン」などで本格的に女優デビュー。2009年日本テレビドラマ「妄想姉妹~文學という名のもとに~」で初主演。2010年テレビ朝日ドラマ「ハガネの女」でテレビドラマ単独初主演。ほか、映画では2010年「死刑台のエレベーター」、2011年「神様のカルテ」などに出演。2011年エランドール賞新人賞を受賞。

生年月日:
1975年2月17日
出身地:
福岡県
血液型:
A型

出演作品

伊沢 節子(三田佳子みたよしこ

プロフィール

中学在学中、NHKラジオドラマ「東京千一夜」に抜擢されたのを機に、在学のままドラマやCMで活躍する。1960年高校卒業と同時に東映に入社し映画「殺れてたまるか」の主役としてデビュー。1967年独立して三田佳子事務所設立。映画の出演は1984年「序の舞」「Wの悲劇」、1989年「極道の妻たち・三代目姐」など多数、2016年「俳優・亀岡拓次」「の・ようなもの のようなもの」にも出演する。また、テレビでも1969年フジテレビ「アーラわが君」、日本テレビ「外科医・有森冴子シリーズ」など多数出演し、1986年大河ドラマ「いのち」と1994年大河ドラマ「花の乱」で主役を務める。1977年フジテレビ「3時のあなた」や1989年と1990年「紅白歌合戦」の司会を務める。第日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞などの賞歴も多数。

生年月日:
1941年10月8日
出身地:
大阪府
血液型:
O型

出演作品

主なロケ地

主なロケ地がありません

ライブ中継、見逃し動画・無料フル配信サービス一覧

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

レビューを書く



スコア