ドラマ | ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の見逃し配信2024年3月最新情報はこちら!無料期間のあるサービスはある?【TVer・ネットフリックス・アマゾンプライムで見れる?】

サムネイル画像

このページで『ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)』の番組情報、無料・キャンペーン等でお得に楽しめる動画配信サービスを紹介しています。

「『ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)』の見逃し配信サービスを探したい」「お得にすぐ観ることのできるサービスを知りたい」

という方はぜひ参考にして『ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)』をお楽しみください。

ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の番組情報

ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)再放送情報

Eテレ・毎週日曜18:30~18:54
総合・翌週毎木曜11:05~11:29

 

口コミ

口コミがありません

口コミをもっと見る

口コミを書く

各話のあらすじと感想

2024年3月7日放送 東京・檜原村〜かごで診察する医者殿のカフェ(初回放送日: 2022年9月22日)

森や畑の恵みがいっぱい!東京・奥多摩の檜原村にある元養蚕農家の豪農屋敷がカフェに生まれ変わった。でもそこは、不思議だらけの建物。格式高い式台玄関に今も残る乗り物の使い道とは?地元の人たちが口々に言うイシャドって一体なんのこと?謎が謎を呼ぶ山里のカフェにお邪魔すると、そこは地元の人たちの優しさとおもてなしの心に満ちた館だった。立派な兜造りの屋根に見事な大黒柱。イシャドのヒントは赤ひげ?

口コミがありません

2024年2月29日放送 香川・三豊〜うどん以外!香川名物が潜むカフェ

殿様より石高があったという大庄屋の邸宅だったカフェ。ここにうどんだけじゃない香川名物がたくさん潜んでいた!伝統家屋・八尾(やつお)、郷土料理の「百花の雪花(別名:まんばのけんちゃん)」、「さわさわ」、そして…。店主は地域おこし協力隊としてやってきた元パティシエ。規格外のフルーツを使ったスフレは絶品!そして店を盛り上げたい地元の人が立ち上げた倶楽部活動。今日も「みんなのお座敷」は大にぎわい!

口コミがありません

2024年2月22日放送 北海道・小樽〜キャンバスに描くカフェ

おしゃれなマンサード屋根やドーマー窓、シーリングメダリオンなどヨーロッパの建築意匠。2階には天井が高いすてきな和室。そんな美しき薬局が平成に入り廃業の運命に。近所で工務店を営む男性が再生に立ち上がった。カフェは小樽を盛り上げる様々なイベント会場として貸し出される。そのためこだったのが純白の店内。利用者がそれぞれのカラーで彩ってほしいと考えた。十勝産牛肉を使った、ふわふわスフレのオムライスも登場!

口コミがありません

2024年2月15日放送 岡山・倉敷美観地区〜商人の町の歴史カフェ(初回放送日: 2022年9月15日)

今日は優雅なコーヒータイムをお楽しみください!カフェの舞台は岡山倉敷市美観地区。柳なびく川と漆くいのなまこ壁。白と黒の蔵が立ち並ぶ街でひと際存在感を放つ元商人の家。そこは倉敷らしさがいっぱい。米蔵、道具蔵、漬物蔵、3つの蔵の物語をひも解くと、美観地区の歴史と世界的に有名な人たちとのつながりが見えてくる。哲学者サルトルが語った言葉とは?ゴミひとつない徹底した掃除に込めた倉敷の人たちのおもてなしの心。

口コミがありません

2024年2月8日放送 佐賀・佐賀市〜佐賀市をさがしているカフェ

よく「佐賀は何もない」と言われる佐賀市で訪れたのは、佐賀市を「さがし」ているカフェ!大正十年にできた大きな元履物問屋。そこになぜか置かれている3Dプリンター。実はカフェを経営しているのはIT企業。この建物を再生するため飲食に初参入し、試行錯誤を重ねている。アルバイトとしてこの店で働いて初めて故郷・佐賀が好きになり、就職したという社員も。名物は伊万里牛のローストビーフ丼。探せば佐賀に魅力あり!

口コミがありません

2024年2月1日放送 岐阜・飛騨神岡〜木の匠の技がすごいカフェ(初回放送日: 2022年9月1日)

奥飛騨・神岡鉄道の廃線跡をマウンテンバイクで疾走!風を切って森の香りを味わう木の匠の里にようこそ。駅前の豪華な農家住宅がカフェに大変身!とにかく木組みの技がすごい。ぜひご覧ください!「金輪継ぎ」や「四方鎌継」の伝統の技。そして、春慶塗の器に極上のカフェラテも登場!ラテがあっという間にアート作品みたいに!奥飛騨温泉郷の入り口で出会った、懐かしい木のカフェで、森の恵みと地元を愛する人々と出会います。

口コミがありません

2024年1月25日放送 北海道・札幌 〜かくれんぼしているカフェ

かくれんぼしているカフェの正体はもと種苗店の倉庫。思い入れのある蔵を壊したくないと自宅の裏に移築した。4万年前の火山の噴火で生まれ、明治以降北海道でさまざまな建物に活用されてきた「札幌軟石」が目をひく。表面に丁寧な仕上げをした石の表面や独特のかすがいでつながれた木骨石造に感嘆するハル。札幌軟石好きのオーナーがカフェにすることを申し出たという。中に名産ハスカップがかくれんぼしているホットパイも登場!

口コミがありません

2024年1月18日放送 栃木・栃木市 〜プカプカしてフカフカするカフェ

幾何学的な模様やモダンなタイルが目をひく栃木市のカフェ。運営するのは学生時代に市内の高校に通っていた同級生2人。地元のために何かやりたい、とUターン、空き家や空き蔵を維持・再生する活動を開始した。まさに新しいアイデアの卵を「ふ化」させる場所にしたのだ。地元の職人の樽を使った味噌作りのワークショップなど成果も。「地域の小さな循環」を目指して作られたカボチャや大根など、地元野菜のランチも登場!

口コミがありません

2024年1月11日放送 岡山・児島〜9年がかりのDIY!棚田のカフェ(初回放送日: 2022年8月25日)

岡山県倉敷市児島。ジーンズで有名なこの町にある和モダンのカフェへようこそ!なぜか、月に4回、しかも夕方からしか開店しない。でもお客さんが続々!こだわりの店主が丹精込めて作った、癒しとくつろぎの室内とは?趣と味わいのある設えに、ひときわ光るモリスの壁紙。デザインのセンスを感じる床も棚も、すべてが手造り。店主が一人で9年がかりでDIYしたアイデアの結晶!入りにくけど、入ってみたいぬくもりカフェです。

口コミがありません

2024年1月4日放送 岡山・真庭〜クセがスゴい!カフェ

舞台は岡山県真庭市久世。地名は、市内を流れる旭川の川の曲がり(くせ)が由来。かつては牛市で大いににぎわった。奥行きのある土間を抜け、ぽっかりと広がる庭はかつての牛小屋スペースの名残だ。多い時には2階の客間に100人あまりが雑魚寝するほどだったという。実家の隣にあるこの建物を生かそうと決意、雑貨店兼カフェを開いた店主。売り物も食べ物も自ら徹底的にこだわりぬいた曲者ぞろい。労作・カレーおやきも登場!

口コミがありません

2023年12月28日放送 岐阜・飛騨古川〜時代をつなぐ、大正ロマンのカフェ(初回放送日: 2022年8月11日)

飛騨古川、千匹の錦鯉が泳ぐ美しい街並みに佇(たたず)む、異彩を放つカフェ。どこか優しい雰囲気、吹き抜けの天井にステンドグラス。でも何かが変!それは何度も行われたリノベーションに秘密が!建物の歴史をたどれば懐かしい昭和の思い出がよみがえってくる。戦争、高度成長、時代をつなぎながら町の記憶をそっと包んできたカフェ。飛騨特産の薬草料理もご賞味あれ!245種類の薬草こそ飛騨の宝。意地と友情が生んだ感動物語

口コミがありません

2023年12月21日放送 東京・多摩〜ラーメンで自由自在な団地

多摩ニュータウン・落合商店街にカフェを開いた建築家夫婦。妻の実家が多摩ニュータウンにあったのがきっかけ。柱と梁を溶接して一体化させた「ラーメン構造」のため、補強材を配置する必要がなく、広い空間を確保できた。二人のセンスでアート作品に囲まれた事務所兼カフェが完成。子育てファミリーや地元のアーティストたちが訪れる場所になった。団地で育った人がまた団地に帰る…新たな団地の可能性が生まれているカフェ。

口コミがありません

2023年12月14日放送 岡山・高梁〜赤々と燃えるカフェ

赤色顔料・ベンガラの産地、岡山県高梁市・吹屋地区。その赤色は全国で建築や磁器などに使われた。繁栄をベースに、石州(島根県)から宮大工と瓦職人を呼んで町が作られる。今回のカフェの建物の舟底天井は和室を広く見せる熟練の技法のあかしだ。小学校の元校長先生、世話好きの女性4人衆、移住してきた若者が力をあわせて切り盛り。地元の遺産を有効活用しようと前向きマインドがあふれる。町も闘志も赤々と燃えるカフェ!

口コミがありません

2023年12月7日放送 愛知・常滑〜築100年アップサイクルし続ける迷宮カフェ(初回放送日: 2022年7月28日)

愛知・常滑。焼物の里の築100年のカフェは不思議がいっぱい!そこは、くつろぎながらミニ探検気分を味わえる迷宮カフェ。子供も大人も楽しめて癒される建築とは?移住者の若き店主のモットーは、アップサイクル。捨てられそうになった陶器のかけらが見事なインテリアに大変身!その極意とは?廃屋同然の建物を再生!モノづくりの面白さを体感できます。焼物の町ならではの工夫とアイデアに満ちた「ふるカフェ」へようこそ。

口コミがありません

2023年11月30日放送 三重・いなべ〜同じ釜の飯を食べたいカフェ

三重県いなべ市、「おくどさん」で炊くおいしい卵かけご飯!おくどさんの正体は「かまど」。庄屋の家として大勢の胃袋を満たしたり、産婦人科だったときには産湯をわかしたり。ハルさんもご飯炊きに挑戦!店主は地域おこし協力隊として移住、おくどさんのある暮らしにあこがれていた女性。彼女の明るいキャラクターにひかれ地域の人たちも応援隊を結成。草刈りや水回りの修理をかって出た。かまどが生み出す、新しいきずなの物語。

口コミがありません

2023年11月23日放送 広島・福山市鞆の浦 龍馬×宮崎駿のコラボ?カフェ

広島県の鞆の浦は古くから貿易や漁業で栄え、美しい町並みで近年は人気スポットに。今回のカフェは坂本龍馬が紀州藩と談判をした船宿だった。空き家再生活動に取り組んでいた女性店主は、この街を訪れた宮崎駿監督と意気投合。カフェのシンボルになっているステンドグラスをデザインしてもらい、地元の職人の手で美しい作品が完成した。そして今、母から子へと思いが受け継がれる。酒や昆布で漬け込んだタイの漬けにハル歓喜!

口コミがありません

2023年11月16日放送 愛知・名古屋〜時を超えた映えるカフェ(初回放送日: 2022年7月21日)

名古屋の繁華街、大須商店街。シンボルの大須観音の界わいにある参道アーケードは、あらゆる店が軒を連ねる“ごった煮”商店街。コロナ禍からにぎわいを取り戻した街の一角で、ひときわ存在感を放つ建物。元呉服屋のたたずまいは古き雰囲気と名古屋らしさを感じさせる建築。自家製ひつまぶしから赤みそを使った一汁三菜膳。抹茶ラテやランチも女性客に大人気。商店街みんなの力で日々成長する、名古屋愛たっぷりのカフェにご案内!

口コミがありません

2023年11月9日放送 三重・伊勢〜“おかげさま”のカフェ

江戸時代のおかげ参りで知られる伊勢。勢田川のほとりにある河崎地区は「伊勢の台所」と呼ばれた問屋街だ。今回のカフェは伊勢独特の建築技法が息づく元飼料問屋。水害で失われかけた街並みを保存する団体が店主と引き合わせてくれた。隣の蔵では、店主の高校の同級生が塾やパソコン教室を開く。高校の文化祭の模擬店で作った3人の思い出がこもるハヤシライスは絶品。建物のおかげ、人とのつながりのおかげでひらけた人生とは。

口コミがありません

2023年11月2日放送 岩手・金ヶ崎〜武家屋敷の中のモダンカフェ(初回放送日: 2022年7月7日)

岩手県で見つけた息を飲むほどの美しさ!部屋全体が緑に包まれる絶景カフェ。おちゃめな店主がこだわって作った、新緑の映し鏡とは?庭園と調和した空間で、岩手県の郷土菓子ゆべしをいただく幸せ。武家町ならではの地割が残る街並みで見つけた、風情豊かな至福のひと時へあなたをご案内します。最近、大人気のあの京都の瑠璃光院にも負けない絶景が見られます!

口コミがありません

2023年10月26日放送 広島・世羅町〜いきあたりバッチリなカフェ

広島県の農村地帯にある、築160年の農家住宅を改造したカフェ。地元食材が満載のパエリアやピザ、さぞかし熟練の料理人か作っているのかと思いきや、国際結婚したスペイン人男性が、独学で学んだものだった。田舎暮らしにあこがれ妻の故郷に移住、たまたま耕作放棄地で小麦を栽培してパンづくりを開始。たまたま古民家を使わないかと誘われカフェを開業。二人の子供にも囲まれ、結果「バッチリ」な幸せ生活をつかんだのだ。

口コミがありません

2023年10月19日放送 新潟・上越〜築139年 上越名家を今に伝えるカフェ(初回放送日: 2022年6月23日)

今日の舞台は雪国ならではの名家建築。かやぶきの屋敷は、上杉謙信の家臣の子孫が建てたすごい建築。なんと2階に玄関が?そこにはこの土地ならではの秘密が隠されていた。部屋の中には、狩野派の絵や勝海舟の書が。まるで美術館!そして、とびっきりのメニューが登場。発酵かぼちゃ、そのお味とは?小さな集落の皆が協力して守る、大きな屋敷。互いに呼び合うのは、なんと屋号。田んぼさんに左官さん、不思議な絆で結ばれたカフェ

口コミがありません

2023年10月12日放送 和歌山・紀の川市粉河〜止まった時が動くカフェ

和歌山県紀の川市粉河は、綿織物産業が盛んだった土地。大正時代、高野山の宮大工らの力を借りて豪邸ができあがった。その後長年使われずにいたが、ひきこもり支援などを行う社会福祉法人がここにカフェを作り、若者たちが社会とつながる場所を作ろうとする。この動きに地域の人々も共感。交流の場としても活用されるようになった。人と建物、互いの止まった時を動かしたカフェ。地元産の桃ドレッシングでいただくサラダも登場!

口コミがありません

2023年10月5日放送 福井・敦賀 〜夢の鉄道こだわりカフェ〜

2024年3月には北陸新幹線が開通する予定の福井県敦賀市。太平洋と日本海、そしてかつてはヨーロッパまでを鉄道でつなぐ国際的な交通の要衝だった。杉原千畝が発給した「命のビザ」を手に、多くのユダヤ人がおり立った地としても知られる。鉄道好きの夫と国鉄マンの娘だった妻。「ひかえめ」な建築士夫婦が挑んだ実家リノベの結果やいかに。よりどりみどりのすてきなカップでいただくコーヒーと、レアチーズケーキ!

口コミがありません

2023年9月28日放送 岩手・花巻〜宮沢賢治が愛した花壇を愛(め)でるカフェ(初回放送日: 2022年6月9日)

宮沢賢治の世界を感じながら素朴な味わいの郷土料理も堪能できる、くつろぎのカフェ。ここでしか見られない貴重なものが、賢治の花壇。不思議な文様のレンガの花壇は、賢治が晩年に設計したもので○○仕込み。花をめで、賢治を思う和風建築のカフェは、室内もすごい。賢治の妹ゆかりのオルガンや、さまざまな木々で作られた床の間のしつらえや意匠も見どころがいっぱい。そして若い人の感覚を取り入れたリノベーションも必見です!

口コミがありません

2023年9月21日放送 和歌山・海南市黒江〜漆器の記憶が残るカフェ

舞台は和歌山県海南市・黒江。紀州漆器の生産地として知られ、古い街並みを今に残す。今回のカフェは職人の住居兼作業場として作られた江戸時代の建物。職住で格子の幅を変える紀州連子格子や、漆器を保存するために使われた厨子二階がきれいに残っている。店主はこの町にほれこみ、一家6人で移住してきた女性。仲間とともに古民家再生活動に取り組んでいる。地元の卵とノンホモ牛乳を使用した絶品プリンも登場!

口コミがありません

2023年9月14日放送 栃木・那須〜高原のまさかの元○○カフェ!(初回放送日: 2022年6月2日)

涼しげな那須高原の里山風景、石と木のしゃれた建築のカフェが今日の舞台。大谷石とは違う特産の芦野石、太く見事な梁(はり)の天井。そして何やら不思議なものが?実は、ここは元○○のカフェ!那須の暮らしを支えてくれた生き物への感謝の気持ちいっぱいのこだわり建築だった。カフェに込められた愛情と故郷への思い。店内に流れる懐かしのレコードプレイヤー、そして、無農薬の地元野菜の料理。穏やかなひと時に触れてください

口コミがありません

2023年9月7日放送 群馬・東吾妻〜築245年!“ひと”思いに小さくなったカフェ

群馬県北西部の東吾妻町に、江戸時代に建てられた商家を改装したブックカフェがある。大胆に天井をぶち抜いた作った吹き抜けごしに見えるのは、巨大な梁(はり)。かのブルーノ・タウトがここを訪れ、屋根組の構造をたたえたという。この家の間口は約20mもあるが、江戸時代にはなんとその3倍もあった。なぜ小さくなってしまったのか?おからを使ったガレット・ブルトンヌとともに、町に尽くしすぎた先祖の豪快秘話を味わう。

口コミがありません

2023年8月31日放送 福井・小浜〜築208年!北前船商人の豪邸カフェ

福井県小浜市は古くより海運の要衝として知られ、大陸から来た物資や海産物が行き交った。カフェはもとは北前船で財をなした商人の豪邸。気品に満ちた広間に、端正な庭園。狩野派の障壁画まである。地元が誇る文化財を何とか守ろうと、人々が立ち上がった。次代に受け継ぐために、若い人が集まるカフェに改装。だがその創立メンバーの1人は病に倒れ世を去る。その志を継ぐ娘をはじめ若者たちが、長い歴史を明日につないでいく。

口コミがありません

2023年8月24日放送 島根・温泉津〜華麗なる、大正モダンなカフェ(初回放送日: 2022年5月26日)

アンティークな家具、ゴージャスな天井と階段。大正モダンなカフェが今回の舞台。世界遺産の石見銀山の積み出し港として栄えた、温泉津の町並み。温泉街としては、全国唯一の重要伝統建造物保存地区になっている。美しくレトロな町並みに立つ、優雅でお洒落(しゃれ)な建物。ダンスホールを思わせる豪華な広間が、カフェに!そこは実は○○だった。ルーツはあの毛利元就?代々守り続けてきた華麗なる一族のカフェへようこそ!

口コミがありません

2023年8月17日放送 北海道・松前〜築192年 船が運んできたカフェ

カフェは、北前船の交易で栄えた頃の面影を今に伝えている。1階の壁面に埋め込まれた石は、原産地の福井から、北前船で松前まで運ばれた。調度品には、伊万里や有田の茶碗など、北前船の寄港地の産品が並ぶ。さらに、ランチの看板メニュー・寄せ豆腐もまた、北前船が運んできた食文化のひとつ。豆腐づくりは、店主の兄弟が営む会社で行っている。蔵に残る品々から松前の歴史をひもとくとともに、カフェを支える人々を紹介する。

口コミがありません

2023年8月10日放送 群馬・富岡〜未来へ!山と紡いでゆくカフェ

群馬、世界遺産の製糸場で名高い富岡市。妙義山のふもとにある元養蚕農家のカフェ。蔵にはなぜかドルマークが!内装に養蚕道具をおしゃれに再利用。店主は古民家や空きビルをカフェにリノベーションする不動産会社を経営していたが、自分でも始めたくなり、移住した。名物は桑の実を使ったチーズタルト。フランス人の観光協会特任部長から日本の近代化に果たした富岡の役割を聞くうち、ハルは不意に、人生最大の山場を迎える…

口コミがありません

2023年8月3日放送 茨城・古河〜築89年 木々に隠れた商店建築のカフェ(初回放送日: 2022年5月12日)

都心から電車で1時間、茨城県古河市。日光街道の宿場町の元下駄屋さんだった建物が今日のカフェ。道路拡張工事で貴重な建物が危機に!その時、大火から建物を守ってくれた樹齢200年の柏の木を残すために、わざわざ迂回して曳家で移動。いまも窓辺の木陰でゆったりできる商店建築のカフェだ。戸棚はなんと超珍品の蛇腹の木製扉。木が曲がり消えていく摩訶(まか)不思議な世界。さらに回る欄間を発見!しかも見事な結霜ガラスだ

口コミがありません

2023年7月27日放送 北海道・函館〜昭和モダン!函館文化の殿堂カフェ

函館は海風が強く、たびたび火災に見舞われたため、防火対策としてコンクリート造の建造物が数多く建てられた。今回舞台となるビルもそのひとつ。コンクリート建築の先駆者・木田保造らが設計を手がけ、地元で長らく親しまれてきた。番組では、函館のコンクリート建築を観光に生かすグループの取り組みも紹介。コンクリートの固さに近づけようと、カフェと共同開発したユニークなお菓子を味わう。

口コミがありません

2023年7月20日放送 選「埼玉・川口編」(初回放送日: 2016年7月13日)

一歩足を踏み入れれば懐かしい空間が広がる、それがふるカフェ。渡部豪太さんふんする主人公ハルが全国の古民家を再生したカフェを訪ね歩く異色ドラマ。今回の舞台は埼玉県川口市。ここに広大な敷地を生かした変わったカフェがあると聞き訪れたハル。そこには築50年、今ではあまり見かけなくなった鉄骨のベランダや古いガラス建具が残る味わい深い民家が。やがて植木の一大産地として隆盛を極めた川口の物語が浮かび上がる

口コミがありません

2023年7月13日放送 秋田・羽後町〜ひとつ屋根の下のカフェ

稲を干す「はさ」の並ぶ映えスポットが人気上昇中の秋田・羽後町。ハルを待っていたのは、L字型に曲がった豪農の家。岩手の曲がり家に似ているが、玄関の位置が違う。中に入ると、狭い間隔で並ぶ3本の柱が。いったいなぜ…?名物は山菜を使ったキーマカレー。店主の父母はもてなし好きで、いろり端に近所の人が集い、酒をくみかわしたという。「ボツボツでいいからね」がんばりすぎず、助け合う。そんな優しさがあふれていた。

口コミがありません

2023年7月6日放送 大分・竹田〜城下町再生のきっかけとなった銭湯カフェ(初回放送日: 2022年5月5日)

今回の舞台は、大分県竹田市。お城ファンがうなる岡城跡の石垣から古い街中へ。元銭湯だったカフェは昭和の雰囲気満点!男風呂から女風呂へ渡すものがあったとか。いったい何?丸刈り以外は○○!いったい何のこと?知ればなるほど面白い!銭湯事情。30年以上前、銭湯解体の危機を救ったのは、親父の背中を流した時の一言だった。風呂ならではの家族の物語とは?名産の竹尽くしの祭り「竹楽」と、原木しいたけ料理で舌つづみ。

口コミがありません

2023年6月29日放送 兵庫・三田〜偶然が重なったカフェ

兵庫・三田。のどかな田園風景が広がる郊外には、二つの建物を門でつないだ「摂丹型民家」があちこちに。屋根の破風には立派な家紋。中に入ると、縦にのびる空間と、とても広い縁側。普通の民家と違う不思議な構造を解き明かすべく、ハルさん調査開始。すると「ハル!ハル!」と呼ぶ謎の声が…。偶然が重なって守られた古民家に、偶然が重なって住むことになった家族。絶品フルーツスイーツを味わいながら、ほっこり気分にひたる。

口コミがありません

2023年6月22日放送 秋田・横手市増田〜270年が隠されたカフェ

古い町並みの残る秋田・横手市増田。「蔵の町」というのに、蔵が見あたらない。元造り酒屋のカフェに入ると、奥に築270年の巨大な蔵が隠されていた!豪雪地帯ゆえに屋根で蔵を覆う、独特な建築が発達し、外から蔵が見えないようになっていたのだ。名物は、こうじを使った絶品ランチ。そこには体調を崩して故郷に帰ってきた店主の熱い思いが込められていた。「大事なことって目に映らないって思います」。そう、蔵もこうじも。

口コミがありません

2023年6月15日放送 茨城・つくば〜昭和初期のモダン郵便局カフェ(初回放送日: 2022年4月21日)

今回は茨城県つくば市。昭和初期に地元の名士が建てた元郵便局のカフェ。ピカピカの床に可愛らしい洋館の外観!取り外し自由な大阪格子も必見。見どころいっぱいのカフェを訪ねると、そこは店主のこだわり愛に満ち満ちていた。かつての郵便局の花形、懐かしの電話交換手の女性たちも登場。店内に響く、楽しくゆったりした会話。なぜか幸せな気分にさせてくれる、不思議な“ふるカフェ”にようこそ。

口コミがありません

2023年6月8日放送 兵庫・丹波篠山〜こだわりでつながるカフェ

カフェの建物は、戦後まもなく芝居小屋として建てられた民家を改装。オーナーの妻が、昔懐かしい木造の駅舎をイメージしたレイアウトにこだわり、中央にあるストーブを囲むようにいすが置かれている。オーナーのこだわりは、ブラジルから仕入れた3種類の豆のブレンドコーヒー。そのほか、店に材料を提供するベーカリーなど、それぞれのこだわりを大切にしながら、地区をもりあげようという取り組みも紹介する。

口コミがありません

2023年6月1日放送 島根・出雲〜アーケード街に違和感!大正時代カフェ(初回放送日: 2022年4月14日)

ふるカフェ新シリーズ、今回は島根県出雲市。大正時代の趣あふれる町屋カフェを訪ねる。組子細工の美しさが目を引くが、なぜか商店街の中に一軒だけ奥まって建っている。古びた風合いの箱階段に出雲独特の石材・棟石を使った屋根瓦。見れば見るほど貴重な建物だ。カフェの特徴は“発酵”。料理も出会いも発酵させていくのが一番!なんと夜は薬膳料理店に変身するんだとか。神話の里のカフェは、出会いと発酵が生む独特の味わいだ。

口コミがありません

2023年5月25日放送 山口・山口市〜職人魂が息づくカフェ

長屋を改装したカフェでふるまわれるベーグルは、天然酵母を使うなど、試行錯誤の末に現在の食感にたどりついた。オーナーは以前岩国市でカフェを営んでいたが、古民家の改修を助成する山口市の事業を利用してここに店を開いた。近所の古民家の住民も、着物のリメイクや、最新機器による工作のサポートなど、様々(さまざま)なものづくりに携わっている。“長屋カフェ”を訪れ、いまに息づく職人魂に触れる。

口コミがありません

2023年5月18日放送 埼玉・坂戸〜築154年 家族を守ってきたカフェ(初回放送日: 2021年5月27日)

親子連れに大人気、子供と一緒でも気兼ねせずにくつろげるカフェが埼玉に!プリンがおすすめ、子供の笑顔と部屋を支える太く立派なけやきの大黒柱。明治2年から続く古い建物は不思議だらけ!道路に面しているのに、なぜか斜めに切られた変な屋根、店の正面の巨大なL字型の看板風の板は何のため?知れば知るほど味わい深い佇まい。和菓子屋から新聞販売店、そしてカフェ。明治から令和へ受け継がれる家族のぬくもりを感じる建物。

口コミがありません

2023年5月11日放送 山口・萩〜おもしろきこともなき世をおもしろくカフェ

山口・萩、城下町の元武家屋敷にできたカフェ。平屋の横には洋館が。その中の元診察室で味わえる夏みかんのマーマレードは、福沢諭吉のレシピ。諭吉は萩の友人から送られた夏みかんのお礼にレシピを送ったという。店主の夫はなんと東京から人力車を引いて萩にやってきた。好きなことに熱中する夫の姿を見て、妻はカフェを開いた。今日も「おもしろきこともなき世をおもしろく」精神で、カフェにおもしろい人々が集まってくる!

口コミがありません

2023年5月4日放送 山梨・山梨市〜いろいろと長いカフェ

カフェの近くにある武田家ゆかりの窪八幡神社は、本殿や拝殿の間口が長いのが特徴。カフェの建物もまた長いが、これは神社をまねたためと考えられている。さらに、豚の角煮や鮭の粕漬けなど、カフェ自慢のランチメニューには、じっくり長い時間をかけてしぼった酒かすが使われている。「いろいろと長いカフェ」を紹介するほか、酒かすを活かしたメニューが酒蔵の窮地を救ったエピソードも伝える。

口コミがありません

2023年4月20日放送 長崎・波佐見町〜築97年、新たな文化を作ったカフェ

カジュアルに使える焼き物として若者に人気の波佐見焼(はさみやき)。その産地、長崎県波佐見町に、築97年の元製陶所を生かした居心地のいい古民家カフェがある。東京から来た元カフェレストランのギャルソン・岡ちゃんが、ここで「新しい文化」を作り上げたという。建物に一目ぼれした岡ちゃんの情熱を、時にけんかしながら支えたオーナー。色鮮やかなマグカップの誕生秘話。新たな出会いが年間10万人集めるエリアを生んだ。

口コミがありません

2023年4月13日放送 千葉・流山〜ふたたび輝くカフェ

今回の舞台は、千葉県流山市の「ふたたび輝くカフェ」。旧商店街の一角に、日本茶の専門店として去年オープンした。オーナーは、古い店舗を町づくりに活かそうと購入した元サラリーマン。ほかにも、さまざまなアートでカフェや町を盛り上げ、いま「ふたたび輝いている」人たちにハルが出会う。

口コミがありません

2023年4月6日放送 栃木・さくら市喜連川〜キツネにつままれたカフェ

「キツネの嫁入り」伝説の残る、奥州街道の宿場町・喜連川に「キツネにつままれたようなカフェ」がある。名物は特産のマスを使った絶品サンド。かつての商家を改装したカフェなのだが、木造なのに石積みがあったり、引き戸の向こうがオフィスだったり、ちょっと変。さらにレンガが飛び出すありえない積み方!いぶかるハルさん。すると「石でもなければレンガでもない」と言うのだ…。ひょっとしてキツネに化かされてる?

口コミがありません

キャスト

主なロケ地

主なロケ地がありません

ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)情報まとめ

本日から 4月11日 まで無料!

30日間無料で動画視聴

この記事を読むと、ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)を無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の第1話を見逃してしまった...
  • ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の最終話まで一気に見たい!
  • ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の見逃し配信はないの?

目次

ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の見逃し動画はAmazonプライムビデオ で視聴しましょう。
30日間無料で Amazon primeは30日感の無料体験が用意されていますその期間であればどれだけ動画や音楽を楽しんでもOK。

もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

Amazonプライムビデオ

  • 無料お試し期間
    14日間無料
  • サービス内容
    Amazon優待特典
  • 作品数
    約10,000本以上
  • 料金
    500円(税込み)
  • ダウンロード再生
    可能

ドラマ | ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)の見逃し配信2024年3月最新情報はこちら!無料期間のあるサービスはある?【TVer・ネットフリックス・アマゾンプライムで見れる?】

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信中

配信なし

配信なし

ドラマ『ふるカフェ系 ハルさんの休日(2023)』の動画は、Amazonプライムビデオで配信中です。

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

本日から 4月11日 まで無料!

30日間無料で動画視聴

Amazonプライムビデオで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
言わずとしれたPrime
近年はアニメの再配信やオリジナル作品も力いれています。
スタッフも一度うっかり間違って契約してしましたが、解約ができなくなるレベルで楽しめてます。
無料お試し期間
14日間無料
サービス内容
Amazon優待特典
作品数
約10,000本以上
料金
500円(税込み)
ダウンロード再生
可能
本日から 4月11日 まで無料!

30日間無料で動画視聴

  1. Amazonプライムビデオの公式サイト へアクセス
Amazonプライムビデオの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪
会員登録日から41日以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね♪

Amazonプライムビデオで見れるおすすめドラマ

アドセンス画像

2024年曜日別・ドラマの無料動画まとめ

ライブ中継、見逃し動画・無料フル配信サービス一覧

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

レビューを書く



スコア