ドラマ | ブギウギの見逃し配信2024年6月最新情報はこちら!無料期間のあるサービスはある?【TVer・ネットフリックス・アマゾンプライムで見れる?】

サムネイル画像

このページで『ブギウギ』の番組情報、無料・キャンペーン等でお得に楽しめる動画配信サービスを紹介しています。

「『ブギウギ』の見逃し配信サービスを探したい」「お得にすぐ観ることのできるサービスを知りたい」

という方はぜひ参考にして『ブギウギ』をお楽しみください。

ブギウギの番組情報

本日から 7月25日 まで無料!

30日間無料で動画視聴

※2024/4/15時点の情報となります
最新の配信状況は配信サイトなどでご確認ください
この記事を読むと、ブギウギを無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • ブギウギの第1話を見逃してしまった...
  • ブギウギの最終話まで一気に見たい!
  • ブギウギの見逃し配信はないの?

目次

ブギウギの見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 ブギウギの見逃し動画はAmazonプライムビデオ で視聴しましょう。
30日間無料で Amazon primeは30日感の無料体験が用意されていますその期間であればどれだけ動画や音楽を楽しんでもOK。

もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

Amazonプライムビデオ

  • 無料お試し期間
    14日間無料
  • サービス内容
    Amazon優待特典
  • 作品数
    約10,000本以上
  • 料金
    500円(税込み)
  • ダウンロード再生
    可能

ドラマ | ブギウギの見逃し配信2024年6月最新情報はこちら!無料期間のあるサービスはある?【TVer・ネットフリックス・アマゾンプライムで見れる?】

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

ドラマ『ブギウギ』の動画は、Amazonプライムビデオで配信中です。

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

本日から 7月25日 まで無料!

30日間無料で動画視聴

Amazonプライムビデオで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
言わずとしれたPrime
近年はアニメの再配信やオリジナル作品も力いれています。
スタッフも一度うっかり間違って契約してしましたが、解約ができなくなるレベルで楽しめてます。
無料お試し期間
14日間無料
サービス内容
Amazon優待特典
作品数
約10,000本以上
料金
500円(税込み)
ダウンロード再生
可能
本日から 7月25日 まで無料!

30日間無料で動画視聴

  1. Amazonプライムビデオの公式サイト へアクセス
Amazonプライムビデオの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪
会員登録日から41日以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね♪

Amazonプライムビデオで見れるおすすめドラマ

アドセンス画像

口コミ

口コミがありません

口コミをもっと見る

口コミを書く

各話のあらすじと感想

2024年3月25日放送 最終週 世紀のうた 心のうた (3/25~3/29)

オールスター男女歌合戦を終えたスズ子(趣里)は、ある一つの決意を固める。歌手引退――。羽鳥善一(草彅剛)は猛反対し、引退するのであれば絶縁するとまで言う。りつ子(菊地凛子)や麻里(市川実和子)にも相談したスズ子は…。大阪の下町・福島の銭湯の看板娘から、USKに入り、ジャズ歌手へ。そして、戦争や最愛の人との別れを乗り越え“ブギの女王”に。義理と人情に満ちた福来スズ子の半生のドラマ「ブギウギ」最終週。

口コミがありません

2024年3月18日放送 第25週 ズキズキするわ(3/18~3/22)

スズ子(趣里)に「第7回オールスター男女歌合戦」のオファーが届く。もちろん大トリだ。しかし、丸の内テレビのディレクターの沼袋勉は、トリ前に新進気鋭の人気若手歌手・水城アユミ(吉柳咲良)を歌わせたいと言う。スズ子は雑誌で「ブギは終わり、これからは水城アユミの時代」と書かれたばかりだった。しかも、アユミからスズ子の「ラッパと娘」を歌わせてもらえないかとお願いをされる。迷うスズ子が出した結論とは?

口コミがありません

2024年3月11日放送 第24週 ものごっついええ子や(3/11~3/15)

羽鳥善一(草彅剛)作曲二千曲記念ビッグパーティーの日が近づいてくる。スズ子(趣里)と茨田りつ子(菊地凛子)は、歌を歌うだけではなく、余興もするようにお願いされる。そこで、スズ子が思いついた余興とは…!?一方、スズ子は子育てに悩んでいた。8歳になった愛子には友達も少なく、スズ子が甘やかし過ぎなのではとも言われてしまう。そんなある日、愛子を誘拐するという電話がかかってくる。

口コミがありません

2024年3月4日放送 第23週 マミーのマミーや(3/4~3/8)

スズ子(趣里)にアメリカ公演の話が舞い込む。羽鳥善一(草彅剛)は前向きな一方、スズ子は娘の愛子と長期間にわたって離ればなれになることを心配する。愛子もアメリカに行かないでほしいとだだをこねる。スズ子は麻里(市川実和子)にどうすればいいのか相談すると…。1年後、スズ子のもとに電報が届く。がんを患っていた梅吉(柳葉敏郎)がもう長くないとの知らせだ。スズ子は愛子を連れて、香川へと向かう。

口コミがありません

2024年2月26日放送 第22週 あ〜しんど♪(2/26~3/1)

大野(木野花)がスズ子(趣里)のもとにやってきて半年、愛子もすっかり懐いている。これまでヒット曲を飛ばして来たスズ子は、これまで以上のヒット曲を求められ、羽鳥善一(草彅剛)とともに悩んでいた。そんな時、村山トミ(小雪)が亡くなったとの連絡が入る。スズ子と愛子と山下(近藤芳正)は大阪へ行き、葬儀に参加する。東京に戻ったスズ子たちだったが、山下が急にマネージャーをやめたいと切り出す。

口コミがありません

2024年2月19日放送 第21週 あなたが笑えば、私も笑う(2/19~2/23)

体調が回復したタイ子(藤間爽子)は、ある決断をしたとスズ子(趣里)に伝える。一方、スズ子は、タナケン(生瀬勝久)の映画に共演。現場に、愛子を連れて行くのだが…

口コミがありません

2024年2月12日放送 第20週 ワテかて必死や(2/12~2/16)

「東京ブギウギ」でスズ子(趣里)は「ブギの女王」となる。そんな中、芸能記者・鮫島(みのすけ)の取材を受けたことがきっかけで、大変なことに巻き込まれてしまう。

口コミがありません

2024年2月5日放送 第19週 東京ブギウギ(2/5~2/9)

愛子が生まれて3ヶ月、スズ子(趣里)は子育てに追われ、仕事どころではない日々を過ごしている。そんなある日、トミ(小雪)が話があると大阪から訪ねてくる。

口コミがありません

2024年1月29日放送 第18週 あんたと一緒に生きるで(1/29~2/5)

妊娠したスズ子(趣里)はジャズカルメンの稽古を始める。愛助(水上恒司)はトミ(小雪)に結婚を認めてほしいと話をするが…。二人は離ればなれのまま舞台初日を迎える。

口コミがありません

2024年1月22日放送 第17週 ほんまに離れとうない(1/22~1/26)

スズ子(趣里)と愛助(水上恒司)に結婚するための条件として、歌手をやめるようにと伝えられる。坂口(黒田有)はトミ(小雪)を説得しに大阪へと向かう。

口コミがありません

2024年1月15日放送 第16週 ワテはワテだす(1/15~1/19)

小林小夜(富田望生)が突然付き人をやめると言いスズ子(趣里)の元を出て行ってしまう。小夜がアメリカ兵と付き合っていることを知ったスズ子はとても心配するが…。一方、スズ子のもとには「喜劇王・タナケン」こと棚橋健二(生瀬勝久)から舞台に出ないかとのオファーが来る。これを仕組んだ羽鳥善一(草彅剛)の後押しもあり、スズ子は初めての女優業に挑んでいく。

口コミがありません

2024年1月8日放送 第15週 ワテらはもう自由や(1/8~1/12)

終戦を迎え、スズ子(趣里)はやっとのことで東京の自宅へ戻ってきた。物資がなく苦しい生活ではあるが、愛助(水上恒司)と平和な日々を送っていた。やがて、劇場も再開、スズ子はその記念公演に出演することとなる。同じく鹿児島から東京に戻ってきた茨田りつ子(菊地凛子)、上海から命からがら戻ってきた羽鳥善一(草彅剛)とも再会。本来の歌手・福来スズ子として、新たな一歩を踏み出し始める。

口コミがありません

2024年1月4日放送 第14週 戦争とうた(1/4~1/5)

羽鳥善一(草彅剛)は上海、スズ子(趣里)は富山、りつ子(菊地凛子)は鹿児島で、戦争の中活動する。そんな中、上海では李香蘭(昆夏美)の歌声が響き渡る。

口コミがありません

2023年12月29日放送 総集編 前編

戦後の世の中に、人々を楽しませ、励まし、生きる活力を与えた歌手・福来スズ子。歌で日本中をズキズキワクワクさせた、笑いと涙の物語。歌と踊り満載の総集編・前編!

口コミがありません

2023年12月25日放送 第13週 今がいっちゃん幸せや(12/25~12/28)

喀血(かっけつ)した愛助(水上恒司)を見たスズ子(趣里)は医者を呼びに行く。診断は結核だった。なかなか診断を受け入れられないスズ子だったが、愛助は昔から結核で、治ったと思っていたのが再発したのだという。そして、医者からは特効薬もなく手の施しようがないと言われてしまう。入院した愛助を、スズ子は、つきっきりで看病する。そんな二人のもとに、坂口(黒田有)が訪ねてくる。

口コミがありません

2023年12月18日放送 第12週 あなたのスズ子(12/18~12/22)

スズ子(趣里)は、愛助(水上恒司)に交際したいと思っていると伝え、戦時下の状況で交際しても良いのか悩む愛助の答えを待つことにする。一方、大阪では、愛助の母であり、村山興業の社長であるトミ(小雪)は二人の交際に反対していた・・・。そんなある日、スズ子たちは長野で公演を行っていた。しかし、マネージャーの五木の様子が何かおかしい。公演を終えて戻ってくると五木の姿はどこにも見えなくなっていた。

口コミがありません

2023年12月11日放送 第11週 ワテより十も下や(12/11~12/15)

スズ子(趣里)たちは地方巡業を重ねていた。そんなある日、愛知の劇場で、スズ子の大ファンだという一人の学生(水上恒司)が興行主に連れられて楽屋にやってくる。

口コミがありません

2023年12月4日放送 第10週 大空の弟(12/4~12/8)

スズ子(趣里)は自身の楽団を旗揚げする。しかし、ジャズは敵性音楽だと言われ公演の機会は全く無かった。一方、りつ子(菊地凛子)も何度も警察に捕まり、自由に歌える場所は減っていた。ある日、スズ子と梅吉(柳葉敏郎)のもとに六郎(黒崎煌代)に関する知らせが入る。スズ子は動揺し、歌をうまく歌えなくなってしまった。そんな状況を見た善一(草彅剛)は、スズ子とりつ子の合同音楽会を開こうと提案する。

口コミがありません

2023年11月27日放送 第9週 カカシみたいなワテ(11/27~12/1)

戦争のため派手な演目が禁止され、スズ子(趣里)は三尺四方の枠の中から動かずに歌うようにと指示されてしまう。一方、梅吉(柳葉敏郎)は毎日酒に溺れていた。

口コミがありません

2023年11月20日放送 第8週 ワテのお母ちゃん(11/20~11/24)

戦争が始まろうとしており、スズ子(趣里)は時局に合わせて派手にならないようにと言われ戸惑う。一方、大阪ではツヤ(水川あさみ)が体調を崩していた。

口コミがありません

2023年11月13日放送 第7週 義理と恋とワテ(11/13~11/17)

梅丸楽劇団旗揚げから1年、スズ子(趣里)と秋山(伊原六花)は劇団の人気者となっていた。そんな時、どちらか1人が大阪のUSKに戻ってきてもらえないかと言われる。

口コミがありません

2023年11月6日放送 第6週 バドジズってなんや?(11/6~11/10)

スズ子(趣里)は、大きな期待と小さな不安を胸に東京へ向かう。そんなスズ子を、作曲家の羽鳥善一(草彅剛)は自身の手がける曲を歌う歌手として待ちわびていた。

口コミがありません

2023年10月30日放送 第5週 ほんまの家族や(10/30~11/3)

スズ子(趣里)は、自身が次郎丸家の子供で、亡くなった菊三郎と女中のキヌ(中越典子)の娘だったとの事実を知る。スズ子は、実母であるキヌが住む家へと向かう。

口コミがありません

2023年10月23日放送 第4週 ワテ、香川に行くで(10/23~10/27)

大和礼子(蒼井優)は、待遇改善を訴えて山寺にこもってストライキを始める。スズ子(趣里)たち多くの劇団員もそれに従った。会社と正面から対立し、「桃色争議」として世間に大きく取り上げられるが、その代償はとても大きなものだった・・・。  桃色争議から1年、スズ子は法事で本家がある香川へ行くことになる。久しぶりに会う香川の親戚たち、しかし、皆なにか様子がおかしい。そこで、スズ子はある衝撃の事実を知ることになる。

口コミがありません

2023年10月16日放送 第3週 桃色争議や!(10/16~10/20)

デビューから6年、スズ子(趣里)は脇役ながらステージに立っていた。そんな中、後輩の秋山美月(伊原六花)が人気に。スズ子は、自分の売りは何か悩んでいた。

口コミがありません

2023年10月9日放送 第2週 笑う門には福来る(10/9~10/13)

鈴子(澤井梨丘)は梅丸少女歌劇団(USK)に研究生として入団。厳しい新人教育係の橘アオイ(翼和希)、憧れの大トップ・大和礼子(蒼井優)らとの劇団生活が始まる。

口コミがありません

2023年10月2日放送 第1週 ワテ、歌うで!(10/2~10/6)

今から75年前、戦後の世の中に、人々を楽しませ、励まし、生きる活力を与えた歌手・福来スズ子(趣里)。歌で日本中をズキズキワクワクさせた、笑いと涙の物語が始まる!大正15年、大阪・福島にある銭湯の看板娘・花田鈴子(澤井梨丘)は、いつも父・梅吉(柳葉敏郎)、母・ツヤ(水川あさみ)、そして個性豊かな常連客の前で歌を披露している。ある日、鈴子は親友のタイ子(清水胡桃)から好きな人はいないのかと聞かれ…

口コミがありません

キャスト

花田鈴子(趣里しゅり

プロフィール

2011年にドラマデビュー以後、舞台から映像まで活躍の場を広げている。近年の出演舞台に、赤堀雅秋作・演出『大逆走』、栗山民也演出『アルカディア』、串田和美演出『メトロポリス』、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出『陥没』、寺十吾演出『黒塚家の娘』など。ほかにドラマ『とと姉ちゃん』『リバース』『この声をきみに』『トットちゃん!』、映画『過激派オペラ』『秋の理由』『母 小林多喜二の母の物語』『彼女の人生は間違いじゃない』など。

生年月日:
1990年9月21日
出身地:
東京都
血液型:

出演作品

村山愛助(水上恒司ミズカミコウシ

プロフィール

生年月日:
1999年5月12日
出身地:
福岡県
血液型:

出演作品

茨田りつ子(菊地凛子きくちりんこ

プロフィール

カンヌ映画祭に出品され注目を浴びた映画『BABEL』への出演で、彗星のごとく現われた女優。同作でアカデミー最優秀助演女優賞にノミネートされたが、受賞は逃した。

生年月日:
1981年1月6日
出身地:
神奈川県
血液型:
A型

出演作品

花田ツヤ(水川あさみみずかわあさみ

プロフィール

1996年にCM出演し、1997年映画「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」で女優として注目され始める。2001年第3回ミス東京ウォーカーに選ばれた後、2002年映画「仄暗い水の底から」に出演。ドラマは、2002年フジテレビ「ロングラブレター~漂流教室」、2006年「のだめカンタービレ」、2011年NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に出演。2013年日本テレビ「シェアハウスの恋人」と2014年TBS「東京スカーレット~警視庁NS係」では主演を務めた。さらに、2014年フジテレビ「失恋ショコラティエ」、2016年TBS「わたしを離さないで」、2017年フジテレビ「人は見た目が100パーセント」などのドラマで様々な役柄を演じている。

生年月日:
1983年7月24日
出身地:
大阪府
血液型:
AB型

出演作品

花田梅吉(柳葉敏郎やなぎばとしろう

プロフィール

"劇男一世風靡セピア"のメンバーとして活動。1986年映画「南へ走れ、海の道を!」で本格的にスクリーンデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。1987年TBSドラマ「男女7人秋物語」、1991年NHK大河ドラマ「太平記」に出演。1997年フジテレビ「踊る大捜査線」シリーズに室井慎次役として起用、2005年同映画シリーズのスピンオフ「容疑者 室井慎次」で主役を演じた。2014年フジテレビドラマ「あすなろ三三七拍子」、TBS「月曜ゴールデン『検事 霧島三郎』」の両作品でも主演を務める。2014年映画「アゲイン 28年目の甲子園」、2016年「幸福のアリバイ~Picture~」、2017年テレビ朝日ドラマ「そして誰もいなくなった」に出演。特技はスキー、ゴルフ、野球。

生年月日:
1961年1月3日
出身地:
秋田県
血液型:
O型

出演作品

羽鳥善一(草彅剛くさなぎつよし

プロフィール

CULEN(カレン)所属。稲垣吾郎、香取慎吾と共同の公式ファンサイト「新しい地図」が2017年9月22日に開設され、10月16日に本格始動。11月2日~5日にAbema TVの生放送番組「稲垣・草彅・香取 3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」に出演し、同番組でYou Tuberとして動画配信をスタート。同年12月までにチャンネル登録者数60万人を突破し、2017年に新設されたチャンネルの中で多数のチャンネル登録者を獲得した「新人YouTuberランキングTOP10」において第1位に輝いた。稲垣、香取と共に2017年の「GQ MEN OF THE YEAR 2017」のインスピレーション賞を受賞。「ブラタモリ」(NHK総合)ではナレーションを務める。映画「クソ野郎と美しき世界」に出演。

生年月日:
1974年7月9日
出身地:
埼玉県
血液型:
A型

出演作品

大和礼子(蒼井優アオイユウ

プロフィール

1999年舞台「アニー」でポリー役を務める。2000年から2002年まで雑誌「nicola」に起用される。2006年映画「フラガール」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞と新人俳優賞をW受賞。2010年の映画「おとうと」で日刊スポーツ映画大賞助演女優賞を、2014年映画「東京家族」では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。CMでは2006年からビオフェルミン製薬株式会社「新ビオフェルミンS」に出演。2007年キリンビバレッジ株式会社「午後の紅茶」、2011年キリンビール株式会社「キリン一番搾り」、2013年三井不動産株式会社「日本橋スマートシティ・未来メガネ」などのCMでも活躍。ドラマでは2003年TBS「高校教師」、2006年フジテレビ「Dr.コトー診療所2006」、2013年「ガリレオ」などに出演。テレビ東京「美の巨人たち」ではレギュラーでナレーションを務めるなど幅広い活躍を見せる。

生年月日:
1985年8月17日
出身地:
福岡県
血液型:
A型

出演作品

主なロケ地

主なロケ地がありません

ライブ中継、見逃し動画・無料フル配信サービス一覧

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

レビューを書く



スコア

この番組の見逃し配信の
お知らせが欲しい方はコチラ